忍者ブログ
ニュースの感想を綴ってます。 ちょっと辛口です。
2017/12/12/Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/02/20/Fri
圧力鍋のふたが飛びやけどを負う事故 国民生活センター、使わないよう呼びかけ


2008年11月、調理中の60代の女性が、圧力鍋のふたがはじけ飛びやけどを負う事故があり、国民生活センターが、事故を起こした同型のものの使用を見合わせるよう、消費者へアドバイスした。


事故は2008年11月、60代の女性がシチューを作ろうと圧力鍋に材料を入れ、数分火にかけ、その後、ふたが開かなくなり、流しに移して上から水をかけたところ、突然ふたが飛んで中身が飛び散ったもの。

女性は、顔などに全治1カ月以上のやけどを負った。


国民生活センターは、会見で「必ずPSCマーク(消費生活用製品安全法特定製品)がついていなければならないと。ということで、このマークは、事故製品にもついておりました」と話した。


国民生活センターが、事故を起こした状況を再現して検証したところ、鍋の圧力が高くなり、開けると危険な状態で、取っ手に力を加えると、この鍋の構造がふたをロックさせるレバーの引っかかりが浅いため、ロックが外れてしまうことがわかった。


国民生活センターでは、事故を起こした(株)カクセーのアルミ圧力鍋16cm・NK-AL16の2004年11月製造以前の圧力鍋の使用を見合わせるよう、消費者へアドバイスした。


事故が起きた圧力鍋は中国製で、製造販売元の(株)カクセーは、国の基準による検査を受け合格したあとに輸入しており、事故品以外は正常と認識しているとしている。


[19日19時32分更新] FNN

圧力鍋って、松井和代さんのおかげで、『長時間かかる料理が短時間で出来る』ということで重宝がられていますが、モノにも寄るようですね、怖いです。∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




アクセスカウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
SunStorm
HP:
性別:
非公開
職業:
主婦・主夫
自己紹介:
ただいまコメント、トラックバックの受付をしておりません。
ご不便おかけします。<(_ _)>
ブログ内検索
そらジロー
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析
ページの左端上部に設置してあります。
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]