忍者ブログ
ニュースの感想を綴ってます。 ちょっと辛口です。
2017/11/22/Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/01/12/Tue
新型とB型のインフルで初の重感染か―4歳男児、堺市で
1月12日22時46分配信 医療介護CBニュース


 堺市衛生研究所は1月12日、同市の4歳男児から採取した検体から、新型インフルエンザウイルスとB型インフルエンザウイルスの両方が検出されたと発表した。男児には川崎病の既往があったが、インフルエンザは特に重症化することなく回復したという。国立感染症研究所によると、季節性のA型とB型の重感染は報告されているが、新型とB型の重感染が疑われる例の報告は初めてという。


 堺市衛生研究所によると、男児は昨年11月18日にインフルエンザ簡易検査でB型と判定され、同日に検体が採取された。PCR検査で新型インフルエンザ陽性と確認されたが、ウイルス分離では新型のウイルスは検出されず、B型のウイルスのみが分離された。


 同研究所では、▽先行感染した新型インフルエンザは沈静化しつつあった▽新型は感染しても症状が出ない「不顕性感染」だった▽両ウイルスに重感染したが、一方のウイルスは淘汰された―可能性があるとみている。


そんなことってあるんですね。

季節性の重感染があるっていうだけで驚きでした。初めて知りました。

重症化しないで良かったです。
PR
2009/12/09/Wed
筋ジス遺伝子治療に道=iPS細胞で修復成功-鳥取大
12月9日2時3分配信 時事通信


 難病デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者の細胞から、遺伝子の異常を修復し、万能細胞である人工多能性幹(iPS)細胞をつくり出すことに、鳥取大の押村光雄教授らの研究グループが成功した。正常化したiPS細胞を筋肉細胞に分化させて体内に戻す新たな治療法につながることが期待される。


 8日付の米遺伝子治療学会誌オンライン版に発表した。
 この疾患は、筋肉細胞の骨格を保つたんぱく質「ジストロフィン」をつくる遺伝子の異常により、筋力低下が進み、呼吸不全や心不全で死に至る。この遺伝子はサイズが巨大で、通常のベクター(遺伝子の運び屋)を用いた遺伝子治療は困難だった。


 研究グループは、大きな遺伝子でも運搬できる「ヒト人工染色体ベクター」を独自に開発。これを用いて患者の培養細胞に正常なジストロフィン遺伝子を導入し、異常を修復することに成功した。
 さらに、この細胞からiPS細胞を作成。マウスに移植し、さまざまな細胞に分化する中で、筋肉細胞ではジストロフィンがつくられていることを確認した。 

人間は、どんなに苦しくても、寿命が尽きない限り、生きなければならない。

少しでも、病気による苦しみが軽減されればいい。


加藤茶が、今週の月曜日、日テレの「1分間の深イイ話」という番組に出ていた。

そして、「大動脈が剥離して、人工動脈を入れている。金額が1700万。1700万、たまたま持ってたから、だから、今生きていられるんだよ。」という話をしていた。


何事にもお金がかかるのは仕方がないことだけれど、お金の有無で寿命が決まるのも切ない話だ。

まぁ私は、まだ、長生きしたいというものに出会っていないし、充分生きたからいいけど。
2009/11/25/Wed
タミフル 承認受けずネット広告、家宅捜索 大阪府警
11月25日11時16分配信 毎日新聞


薬事法違反容疑でマンションに家宅捜索に入る大阪府警の捜査員ら=大阪市中央区で2009年11月25日午前10時半、幾島健太郎撮影


 厚生労働相の承認を受けていないインフルエンザ治療薬「タミフル」をインターネット上のホームページで広告したとして、大阪府警は25日、薬事法(未承認医薬品の広告)違反の疑いで大阪、東京、岡山の輸入代行業者4法人と1個人の家宅捜索に乗り出した。新型インフルエンザの感染拡大もあり、ネット上でタミフルを扱う業者が横行しているが、こうした業者に対し、警察が強制捜査に乗り出すのは初めて。


 府警生活環境課によると、捜索を受けたのは、TEN(大阪市中央区)▽エーアイジー(東京都豊島区)▽インターテック(東京都港区)▽バイオコム(東京都文京区)の4法人と個人業者「サイアムユーミン」(岡山市)。捜索先は支店などを含めて6都府県の計12カ所。


 5業者は今年8~11月、ネット上に「タミフル75ミリグラム」のパッケージなどの写真を掲載して広告した疑いがもたれている。いずれも「個人輸入代行」をうたい、薬価の3~5倍にあたる10カプセル8200~1万6000円で扱っていた。


 タミフルは日本の輸入販売元の中外製薬(東京)以外の業者が扱うものは未承認薬となり、広告や販売行為が薬事法で禁じられている。5業者について、府警は「個人輸入代行」をうたいながら、事実上、タミフルを販売する目的で広告を掲載したとみており、今後、販売行為の有無や実態についても慎重に調べる。【渋江千春】

どこのTV局のニュースか忘れましたが、ワクチンは不足しているかも知れませんが、タミフルは不足していないそうです。


その割には、以前、タミフルを処方してもらえなくて亡くなった方がいたような・・・

実際の所、何が本当なのか、よく分かりませんね。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
2009/11/25/Wed

「多くの人の支えに感謝」=代理出産の母娘、素顔で会見-長野のクリニックで実施


 長野県下諏訪町の諏訪マタニティークリニック(根津八紘院長)で、代理出産によりわが子を得た女性(27)と、代理母となった女性の実母(53)が25日、東京都内で記者会見し、「多くの人の支えでここまで来られた」「心から感謝している」と喜びを語った。


 国内の代理出産の当事者が顔を出して事実を公表するのは初めて。女性は「同じように悩んでいる人は多い。悩みが少しでも軽くなれば」と思いを述べた。


 女性は1歳のときに病気のため子宮を摘出。2006年の結婚を機に、実母から「自分が代理母になる」と持ち掛けられ、最初は「そこまでしていいのか」と悩んだという。


 実母は既に閉経していたが、ホルモン剤などで妊娠出産できる状態に戻し、娘夫婦の受精卵を子宮に移植。昨年9月、2回目の試みで着床し、切迫流産の危機を2度乗り越え今年5月に健康な男児を出産した。


 「娘を母にしてあげるという長い間の夢がかなってほっとしている」と実母。女性は「抱っこしてピタッと泣きやんでくれたりするとき、『ああ母親なんだな』と実感する」と喜びをかみしめた。(2009/11/25-17:30 時事ドットコム)


お母さんが代理出産してくれる場合は、トラブルが無くていいかも知れないが、他所の国で他人だと、出産した女性が、子供の引渡しを拒んだりだとか・・・ 代理出産によるトラブルは多いようだ。


子供が欲しいのに出来ない人もいるので、「当人同士が良ければいいじゃないか。他人が口出すことじゃない」とは思いますが、他国などで、お金が無くて、仕方なく代理母になる人がいるという現実を見ますと、代理母というものが職業になるのは、倫理的に如何なものかと思いますし・・・


いろいろ難しいですね。
2009/08/22/Sat
<新型インフル>国がワクチンを一括買い上げへ
8月21日21時48分配信 毎日新聞


 厚生労働省は21日、ワクチンメーカーから新型インフルエンザワクチンを一括購入する方針を固めた。


 国は現在、新型のワクチンは、妊婦など重症化の恐れが高い人への優先接種を検討している。年内に確保できるのは最大1700万人分で不足の恐れがある。このため、リスクの高い人に確実に接種するには国による管理が必要と判断した。一括購入の財源や、接種時に国民が負担するかどうかは今後詰める。


 毎年流行する季節性インフルエンザのワクチンは、医療機関が購入している。【江口一】

ワクチンメーカーって、どこだろう? 外国ですか?

季節性インフルエンザのワクチンは、国では買っていないなんて知りませんでした。

だから、病院によって金額が違うんでしょうか?


私は、リスクの高い人の部類には入っていないので関係ありませんが、接種の優先順位で揉めているようですね。


糖尿病の人、全員に接種だけでワクチンは無くなるとかどうとか・・・

少ないワクチンで、重症化や死亡したりするのを避けるためには、やはり、パンデミックの元となりやすい、子供に接種した方がいいような気がしますが。


そうすれば、他のリスクの高い人たちへの感染も防げて、カバーできるわけだし・・・って、私が考えることではありませんが。
2009/08/20/Thu
「本格流行始まった可能性」=新型インフル患者急増で舛添厚労相


 インフルエンザ患者が急増していることを受け、舛添要一厚生労働相は19日記者会見し、「新型インフルエンザの本格的な流行が既に始まっている可能性がある」との認識を示した。手洗いなどの感染防止策を講じ、感染の疑いがある場合は外出を自粛することなどを求め、「拡大は自分が止めるという気持ちを持って」と呼び掛けた。


 国立感染症研究所のまとめで18日、定点医療機関からのインフルエンザ患者の報告数が増え、流行入りと判断される基準にほぼ相当するレベルとなっていることが分かった。夏の流行入りは異例で、舛添厚労相は「予想できなかった。まさにそれが新型の特徴」と話した。


(2009/08/19-12:10 時事ドットコム)


今朝、TBSの「朝ズバ」だったかで、記者会見の様子を見たのだが、舛添厚労相は「予想できなかった。」と前置きしたわりには、「国民全体の慢心」が感染拡大の原因だと言っていた。


なのに、検索で引っ掛けても引っかからない。

その事を書いてあるのは、きっこのブログくらいだった。


それを聞いて、「死者が出るまで放っておいたのは厚労省じゃないの?」ヾ( ̄o ̄;)オイオイ と、残念に思ったし、きっこのブログを読んで、もっと残念に思った。


舛添厚労相のこと、信じていたのになぁ。

すっかり悪い政治家に染まってしまったんだなぁ。

悲しいなぁ
2009/08/15/Sat
新型インフル 国内初死者 感染のすそ野の広がりと関係か
8月15日21時7分配信 毎日新聞


沖縄県で新型インフルエンザに感染した男性が死亡し、会見する厚生労働省の中嶋建介・感染症情報管理室長(左)=厚生労働省で2009年8月15日午後7時2分


 厚生労働省は15日夕、担当者が緊急会見し、新型インフルエンザウイルスの毒性の変化ではなく、感染のすそ野の広がりが患者の死亡につながったとの見方を示した。特に重症化しやすい基礎疾患を持つ患者や妊婦の感染予防が必要だとして、今後、患者団体に冊子を配布するなどして警戒を呼び掛ける方針を明らかにした。


 厚労省によると、全国約5000カ所の医療機関から国立感染症研究所に寄せられるインフルエンザ患者報告で、沖縄県は7月27日~8月2日の1施設当たりの報告数が11.79と、都道府県別では突出して高い。全国平均は0.56だが、19都道府県の71保健所で流行の水準である「1」を超えており、その大半は新型の感染者とみられるという。


 中嶋建介・感染症情報管理室長は「季節性インフルエンザの冬の流行ほどではないが、この時期としては全国的に感染が広がっているのは間違いない。季節性では毎年相当数が死亡しており、それを踏まえれば新型インフルエンザ患者の死亡例は今後も出ると予想される」と述べた。そのうえで、重症化しやすい層の感染予防と、感染した可能性がある人が他人に移さない対策の徹底が重要と指摘した。


 また、ウイルスの毒性について、周囲に重症化した患者がいないことから「変異はしていない」との認識を示したが、念のために、死亡した患者の検体を国立感染研で確認する考えを示した。


 舛添要一厚労相は「今後いつ全国的で大規模な患者増加を見てもおかしくない状況で、医療体制の整備やワクチン接種体制の整備に鋭意取り組む」とのコメントを発表し、国民に正確な情報に基づいた冷静な対応を呼び掛けた。【清水健二】


何故、暑い地方で、新型インフルエンザが流行っているのか?

関東ではあまり聞かないが、西日本では、新型インフルエンザによる学級閉鎖があるらしい。


それなのに、「予防接種のワクチンの製造量が少なかったです」って言われても困るよなぁって感じです。
2009/07/07/Tue
臓器移植法改正A’案の全容判明 7日に参院提出 脳死は「移植に限り人の死」
7月7日9時19分配信 産経新聞


 今国会での臓器移植法改正を目指す参院自民党有志がまとめた修正案(A’案=エーダッシュ案)の全容が6日明らかになった。7日に参院に提出する。衆院を通過したA案のうち、異論が多かった「脳死は一律に人の死」とする定義を変更し、現行法と同様に、「臓器移植時に限り、脳死は人の死」と位置づける内容。また、臓器提供者側の家族の心情に配慮するための付則を盛り込む。与野党は、10日の参院本会議でA案と野党有志の対案(子ども脳死臨調設置法案)、A’案の3案を採決する方向で調整している。


 A’案は、医師免許を持つ参院自民党の古川俊治、西島英利両氏らが中心になってまとめた。脳死の定義のほかは、臓器提供の年齢制限を撤廃して子供への移植の道を開くA案の内容を踏襲した。


 ただ、付則に「(臓器提供者側の)家族らの心情を十分に配慮する」ことを明記し、政府に対して、提供者の家族への精神的ケアや支援策を検討して実施するよう求める。また、移植の実情や医療技術の進歩などを見極め、施行3年後をめどに法律を見直す規定を盛り込む。


 民主党の一部も賛同しており、参院で多数を占める野党での支持拡大が成立のカギを握る。「脳死は人の死」とするA案に対しては「臓器移植を受ける側の視点に偏っている」(与党幹部)との抵抗があった。A’案に付則を加えたのは、こうした声にも配慮し、支持拡大を狙ったものだ。


 現在、参院厚生労働委員会でA案と対案を審議中だが、途中で衆院が解散されれば、いずれも廃案になる。


 解散は常識的には天皇皇后両陛下が外国訪問から帰国され17日以降とみられるため、与党は決着を急ぎ、A’案を含む3案を9日の委員会で審議して10日の本会議での採決を目指している。A’案が参院本会議で可決されれば、衆院に送り返され、衆院での採決をへて成立する。


 ただ、野党側には採決を急ぐことへの慎重論があり、日程がずれ込む可能性がある。また、3案への賛否が入り乱れて、いずれの案も過半数の賛成を得られない場合もあり得る。


論理的に考えれば、「助かる命を助けよう」って話になるが、

 感情論で言うと、

「脳死かも知れないが、まだ息している。『死』とは認められない」

 とか、

「何もしてくれなくてもいい。ただ生きてくれているだけでいい」

 と、自分が大切にしている人に対しては、そう思うだろう。


 そんな事、法律で決めちゃったら、

「脳死なのに、臓器提供しないなんて」

 とか、

「助かる命があるのに、見殺しにするのか」

 と、医師や看護士、または、周りから白い目で見られ、肩身の狭い思いをする人が出て来そうで、それもまた、可哀想。


「子供なんて産めばいい」って思っている人もいるかも知れないが、同じ両親からでも同じ子供は二度と生まれて来ない。

ということは、同じ人間には二度と出会えない、ってことで。

その人が脳死だからって、息しているのに、死んだと思えだなんて、あまりにも酷な気がする。


そんな事言ったら、臓器移植で助かるかもしれない子供が、臓器提供を受けられなくて死んでもいいのかって話になるが・・・


 自由じゃダメなのか? 法律では、年齢の枠を取っ払うだけにして。

 親や、家族、または本人の判断で決めるんじゃダメなのか。
2009/06/25/Thu
新型インフル、国内の感染者1000人超す…世界で8番目
6月25日9時51分配信 読売新聞


 長崎、福島、茨城の3県は25日、新たに計4人の新型インフルエンザの感染者を確認したと発表した。


 これで国内の累計感染者数(成田空港での検疫などを含む)は同日午前11時時点で、38都道府県の1003人となった。


 厚生労働省などによると、5月9日に成田空港での検疫で初めて確認されてから、これまで重症化した患者の報告はない。世界保健機関(WHO)によると、感染者数が1000人を超えたのはアルゼンチンに次いで8か国目。

最終更新:6月25日11時16分


新型インフルエンザ、イラクで初の感染確認
6月25日12時32分配信 ロイター


 6月24日、イラクのハスナウィ保健相は女子バスケットボール代表選手7人が新型インフルエンザに感染したと発表(2009年 ロイター/Bassim Shati)


 [バグダッド 24日 ロイター] イラクのハスナウィ保健相は24日、女子バスケットボール代表選手7人が新型インフルエンザ(H1N1型)に感染したと発表した。選手らは病院で治療中だという。同国での感染確認は初めて。


 代表選手らは、米シカゴでの遠征試合から20日に帰国していた。

 同相は記者会見で「本日、われわれの研究室での検査の結果、6人が新型インフルエンザに感染していることが確認された」とコメント。

 6人はイラクの病院で治療中で、残る1人はヨルダンを経由した際に感染が確認されたため、同国で治療を受けているが、いずれも容体は安定しているという。

 また同相は、イラクに駐留する多国籍軍の兵士1人も同日、新型インフルエンザ感染が確認されたとしたが、詳細については明らかにしなかった。

スポーツをやっていて新型インフルエンザに感染するって、日本でもありましたよね。

イランも、どこか、交流試合にでも出かけたのでしょうか?


夏になったら終息するが、秋口にまた、爆発的な感染を起こすと言われているようですが、暑い国でも感染が起こっているし、日本じゃ、1000人超えたって言うし。


早くワクチン作って欲しいです。( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
2009/06/25/Thu
<患者取り違え>08年は報告27件…防止ルール風化か
6月24日19時53分配信 毎日新聞


 大学病院などでの患者の取り違え事故の報告が08年27件に上り、04年10月に報告制度ができてから最も多かったことが、財団法人・日本医療機能評価機構の分析で分かった。患者取り違えは執刀医らが業務上過失傷害罪に問われた99年の横浜市立大病院事件を機に、医療機関で防止のためのルール作りが進んだが、同機構は「ルールが風化している恐れがある」として注意を呼びかけている。


 大学病院や国立病院から機構に寄せられた患者取り違え関連の事故は▽04年10~12月が0件▽05年が10件▽06年が20件▽07年が21件▽08年が27件▽09年1~3月が7件--の計85件。06年10月以降の59件を分析したところ最も多いのは薬剤のミスの26件で輸血と検査が各10件、手術での取り違えも3件あった。


 「患者に名乗ってもらう」「リストバンドを見る」といった各病院が定めたルールを怠ったケースが目立つ。患者名は確認したものの、その後に別の患者に行う処置をしてしまうミスが多かった。処置台などの整理の不徹底が、取り違えを引き起こす要因になることも分かった。【清水健二】


「ルールの風化」って言うが、結局、忙しさにかまけて、ちゃんとやらなければならない事をやらない、手を抜いた状態のことを言うのではないだろうか?




看護士さんは忙しいのかも知れないけれど、患者側からすると、高い金払ってるんだから、ちゃんとしてくれよ
と思うことが多々ある。


2年くらい前になるだろうか?

とある病院に行って、胃カメラを飲んだ時の事だった。




アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
SunStorm
HP:
性別:
非公開
職業:
主婦・主夫
自己紹介:
ただいまコメント、トラックバックの受付をしておりません。
ご不便おかけします。<(_ _)>
ブログ内検索
そらジロー
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析
ページの左端上部に設置してあります。
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]