忍者ブログ
ニュースの感想を綴ってます。 ちょっと辛口です。
2017/09/26/Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/06/15/Mon
「働く女性の希望の星だった」厚労相、局長逮捕に落胆
6月15日15時5分配信 読売新聞


逮捕された厚労省雇用均等・児童家庭局長の村木容疑者(11日、国会で)


 自称障害者団体「凛(りん)の会」(解散)を巡る郵便割引制度不正事件は、厚生労働省の現職局長の逮捕という事態に発展した。


 雇用均等・児童家庭局長の村木厚子容疑者(53)は「周りに敵を作らない」「無欲で信念の人」などと評判も高く、「将来の次官候補」の呼び声もあった人物。15日朝から大阪地検特捜部の捜索を受けた同省では、幹部らが「不正を行っていたなどとは信じられない」と困惑を隠さず、舛添厚労相が記者会見を開くなど動揺が収まらなかった。


 厚労省にはこの日午前9時20分過ぎ、大阪地検特捜部の係官約20人が到着し、同局長室などの捜索を始めた。警備員が防火扉を閉めて数十人の報道陣をシャットアウト。埼玉県和光市の村木容疑者の自宅マンションにも午前7時前、係官4人が捜索に入った。


 同省の幹部は「事情聴取などはあると思ったが、逮捕とは」と険しい表情。別の幹部は「初めて名前を聞くような団体に、不正をしてまで便宜を図る必要があったのか。動機がわからない」と動揺した様子だった。


 午前10時に記者会見した舛添厚労相は「大変有能な局長で、働く女性の希望の星だった。非常に残念」と語り、「省として今後も捜査に協力する。局長は数日の不在も許されないので、後任人事を官邸とも相談して決めたい」と述べた。


 村木局長は高知大文理学部を卒業し、1978年に旧労働省に入省。「女性が働きやすい職場づくりに取り組むなど、女性の労働問題のエキスパート」(厚労省幹部)と仕事ぶりへの評価は高く、2008年7月、同期入省組としてはトップグループとして厚労省の局長に就いた。夫も旧労働省に同期で入省したキャリア官僚で、現在、大臣官房総括審議官(国際担当)。


 事件の舞台になった障害保健福祉部はもともと旧厚生省系の部署。しかし、旧労働省の障害者雇用対策課長を務めた村木容疑者は03年8月、障害福祉行政の立て直しのため、同部企画課長に抜てきされ、05年10月の障害者自立支援法成立にかかわった。


 厚労省の次官経験者の1人は「仕事では私心を持たず、能力的に最も優秀な女性官僚と期待していた。信じられない」と衝撃を隠せない様子だった。 最終更新:6月15日15時5分


「仕事では私心を持たない」人が何故、そのような事をしたのだろうか?

政治家に圧力をかけられて仕方なくやったのか?


それとも、忙しくて面倒臭かったから、機械的にやってしまったのか?

それとも、金か、出世への道でも約束してもらったのだろうか?


「政治家に頼まれてやった」というような事が言われているが、誰なんだろう?


村木氏は「私は、関与はしていない」と言っているそうだから、村木氏の口から、その政治家の名前が出ることはなさそうだが。


その政治家だけ捕まらないのは、ズルイよなぁ。
PR




アクセスカウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
SunStorm
HP:
性別:
非公開
職業:
主婦・主夫
自己紹介:
ただいまコメント、トラックバックの受付をしておりません。
ご不便おかけします。<(_ _)>
ブログ内検索
そらジロー
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析
ページの左端上部に設置してあります。
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]