忍者ブログ
ニュースの感想を綴ってます。 ちょっと辛口です。
2017/04/26/Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/01/10/Sat
ガトームソン投手処分の発毛剤、ドーピング禁止リストから外れる
1月9日11時2分配信 産経新聞

 万有製薬は8日、同社が発売する発毛剤「プロペシア」に含まれる薬物「フィナステリド」が、世界アンチドーピング機構(WADA)の禁止リストから除外されたと発表した。

 「フィナステリド」をめぐっては、2007年にソフトバンクのガトームソン投手が発毛剤として使用し、20日間の出場停止と750万円の制裁金が科されたほか、06年トリノ冬季五輪で金メダルが有力視されていた米国のザック・ランド選手が、陽性反応により五輪出場を逃している。

 万有製薬によると、フィナステリドはドーピングしたことを隠す薬物として2005年から禁止物質に指定されたが、分析技術の進歩によって同薬物を使用しても禁止物質を判別することが可能になった。

 WADAは1月1日に禁止リストから除外した。同社は「今後もプロペシアに関する正しい情報を多くの方々に提供できるよう努力いたします」とコメントしている。

 毛生え薬で、そんな事になってしまっていたなんて知らなかった。

 ドーピングってやつは大変なもののようで。

 私は、こんな事を言うのは憚られるだろうが、スポーツ選手がドーピングするのは、いい成績を残したいため、即ち、“ドーピングすると、調子が良くなる”と思っていた。

 だが、北米プロアイスホッケーの19歳の選手が死亡したりと大変そうである。
(急死選手は血液ドーピング NHLレンジャーズ 配信元:産経新聞 2008/12/30 00:52更新 より)

 治療や疲労回復に効果がある「ベッカムカプセル」もドーピングに引っかかるとか。
 それは、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が、北京五輪直前に使用自粛を呼び掛けただけで、JADAの上部機関にあたる世界反ドーピング機関(WADA)は「ドーピングには当たらない」との見解を示しているらしいが。
(“ベッカムカプセル”法廷へ 「ドーピング見解で損害」 配信元:産経新聞 2008/12/26 02:37更新 より)

 ドーピングってズルいだけでなく、身体にも悪いんですね。。。
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




アクセスカウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
SunStorm
HP:
性別:
非公開
職業:
主婦・主夫
自己紹介:
ただいまコメント、トラックバックの受付をしておりません。
ご不便おかけします。<(_ _)>
ブログ内検索
そらジロー
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析
ページの左端上部に設置してあります。
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]