忍者ブログ
ニュースの感想を綴ってます。 ちょっと辛口です。
2017/04/26/Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/20/Wed
繁華街、目立つ中高生=「自宅待機」徹底されず-一斉休校の生徒ら・大阪、兵庫
5月19日19時37分配信 時事通信




 「感染したら自業自得」。新型インフルエンザの影響で一斉休校が続く中、大阪府や兵庫県の繁華街では19日、普段の平日以上に中高生らの姿が目に付いた。自宅待機が徹底されない状況に、両府県の教育委員会は「ほかの人にウイルスを感染させないことが目的。『自己責任』は通用しない」と呼び掛けている。


 若者が集まる大阪・ミナミのアメリカ村。友人と待ち合わせをしていた大阪市立中学3年の女子生徒(14)は「地元でも外出している友達をよく見掛ける。家でおとなしくしている子は少ない」と話す。体調不良で欠席している同学年の生徒が20人以上いるというが、「手洗い、うがいをすれば大丈夫だと思う。感染したら自業自得という感じ」と笑った。


 同日朝に休校を告げられた専門学校の男子生徒(18)は、友人と制服姿でカラオケ店前で開店待ち。「一斉休校でも結局、友達と会うから意味がない」と話していたが、カラオケ店員に「休校中の学校の生徒は入店できない」と断られ、「一時間待ったのに」と嘆いていた。


 JR三ノ宮駅(神戸市中央区)前の繁華街を歩いていた高校1年の女子生徒2人=いずれも(15)=は「ちょっとその辺なら大丈夫かなと思って」と悪びれた様子はない。「外に遊びに行く子は半分くらい。ブログを書いたりDVDを借りて家にこもる子もいるけど、家にいても暇過ぎる」。休校中の生徒でも入れるゲームセンターを探して立ち去った。


 学校側は家庭訪問などで在宅確認しているが、大阪府教委は「高校は通学区域が広く、連日の訪問は不可能。両親が働いている家庭で、外食に出ることまでは止められない」と頭を悩ませている。 


両親が共働きで、外食するのは仕方が無いだろうが、カラオケはマズくないか?

自分さえ良ければいいのだろうか?


まぁ、「季節性のインフルエンザと、さほど変わりないのに国の対応は大げさだ」とか、

「鳥インフルエンザの対策プログラムは、豚インフルエンザには合ってない」など、そういう声は多々聞こえる。


では、「鳥インフルエンザの対策プログラム」を利用しているのに、何故、水際で防げないし、1日2日であっという間に感染者が100人を超えてしまったのだろうか?


豚インフルエンザが弱毒性(と言っても、強毒性に比べたら弱毒という話らしい)だから良かったものの、強毒性だったら、もっと大変な事になっていたのではないだろうか?


弱毒性の今でさえ、保健所への電話がなかなか繋がらず、2時間待ちだそうではないか。

もし、インフルエンザにかかったら、「いきなり病院に行くな、電話しろ」と言ってるし、どうしたらいいんだ?


これを機に、(弱毒性の対策を考えるのも必要だが、)強毒性のウイルスへの対策も、もっと考え直した方がいいような気がする。


マスコミや、多くの人が、国の対応に文句を言っているようだが、(「大変だ!!」って言っておきながら、「冷静に対応して下さい」っていう所に、少々矛盾は感じるが)、結局、皆、自分の事しか考えていない気がする。


もっと、皆、ちゃんと協力してもいいのではないだろうか?
PR




アクセスカウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
SunStorm
HP:
性別:
非公開
職業:
主婦・主夫
自己紹介:
ただいまコメント、トラックバックの受付をしておりません。
ご不便おかけします。<(_ _)>
ブログ内検索
そらジロー
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析
ページの左端上部に設置してあります。
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]