忍者ブログ
ニュースの感想を綴ってます。 ちょっと辛口です。
2017/12/12/Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/06/01/Mon
<NOVA初公判>元社長側、無罪主張 大阪地裁

6月1日10時49分配信 毎日新聞


 経営破綻(はたん)した英会話学校最大手「NOVA」(破産手続き中)の社員積立金を流用したとして、業務上横領罪に問われた同社元社長、猿橋望(さはしのぞむ)被告(57)の初公判が1日、大阪地裁(樋口裕晃裁判長)であった。猿橋被告は「事実関係は間違いございません」と述べた。しかし、弁護人は「生徒への解約払戻金を支払うためで、不法領得の意思はなく、犯罪行為にはあたらない」と無罪を主張した。今後、証人尋問や被告人質問を経て、今月26日に論告求刑が行われる予定。


 起訴内容の認否で、猿橋被告は事実関係を認めた後、「倒産に伴い、多くの生徒、社員に多大な迷惑をかけた。深くおわびしたい」と頭を下げた。さらに、「横領かは私に判断する力はありません。(社員積立金を)使ってはいけないという意識はなかった」と述べた。


 起訴状によると、猿橋被告は07年7月20日、NOVAグループ社員の互助組織「社友会」の預金口座に積み立てられた3億2000万円を別口座に入金。同額の小切手に換え、関連会社「ノヴァ企画」の口座に入金し、横領したとされる。


 受講料の払戻期限が迫っていたためとされたが、検察側は冒頭陳述で、積立金流用の動機やNOVAの経営破綻の経緯などを詳述するとみられる。これに対し、弁護側も冒頭陳述を行い「倒産を防ぐため、社員の福利厚生に使用すべき預金を解約払戻金に充当した。しかし、多額の個人資産を提供し、社員給与5億円を支払ったほか、6億円以上の運転資金を提供した」などと反論する。


 NOVAは81年、前身の「ノヴァ企画」として猿橋被告が創業。「駅前留学」「お茶の間留学」などのキャッチフレーズで経営を拡大し、一時は全国に約1000店舗を構えた。しかし、中途解約をめぐるトラブルなどで資金繰りが悪化し、07年10月に破綻。約30万人いた受講生が前払い受講料の払い戻しを受けられなくなるなどの被害を受けた。負債総額は約860億円だった。猿橋被告は昨年6月に逮捕され、翌月に保釈されていた。【牧野宏美】


こうなる、だいぶ前から、「NOVAは良くない」とか悪い噂を耳にしていた。

その時、どうして「悪かったのか」という内容はワカラナイ。


あまり深く聞かなかったし、気にも留めていなかった。

誰から聞いたかも覚えていないが、何故、そんな噂が流れていたのか?


今更ながら疑問に感じる。(ーΩー )ウゥーン
PR




アクセスカウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
SunStorm
HP:
性別:
非公開
職業:
主婦・主夫
自己紹介:
ただいまコメント、トラックバックの受付をしておりません。
ご不便おかけします。<(_ _)>
ブログ内検索
そらジロー
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析
ページの左端上部に設置してあります。
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]