忍者ブログ
ニュースの感想を綴ってます。 ちょっと辛口です。
2017/11/22/Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/07/09/Thu
サミット接待役に元ヌードモデル閣僚…伊首相に疑問符
7月9日0時22分配信 読売新聞


 【ラクイラ=松浦一樹】主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)を前に買春疑惑などのスキャンダルが相次いで発覚したベルルスコーニ・イタリア首相(72)に、欧州メディアは議長の資質を疑問視する論調を強めている。


 「(サミットで同席する)各国の首脳に恥ずかしい思いをさせている」(英紙)などの辛辣(しんらつ)な批判をはね返せるか、会議の手綱さばきが注目される。


 7日にローマで行われた記者会見。首相は「一連の疑惑はサミットに影響すると思うか」と地元記者に問われ、「そんなはずはないだろう」と憤りをあらわにした。


 5月に18歳女性とのいかがわしい関係が取りざたされ、ベロニカ夫人(52)との離婚騒動が持ち上がって以来、地元メディアは首相批判を強めている。私邸に高級売春婦を呼んでいた疑惑が浮上すると、トーンはさらにエスカレートし、ナポリターノ伊大統領は1週間前、「サミット前は批判報道を一時自粛すべきだ」と仲裁に入ったほどだった。


 サミット開幕が近づくにつれ、各国メディアも攻撃の手を強め始めた。元ヌードモデルのカルファーニャ機会均等相(33)をサミットの配偶者プログラムの案内役に指名したことや、政府の会議運営能力に疑問符をつけ、英ガーディアン紙は「各国はイタリアをサミットから追放し、スペインとの入れ替えも検討している」と痛烈な皮肉を放った。


 首相にとって、一連の会議をそつなく仕切れば汚名返上のきっかけとなる可能性もある。だが、「サミット中に新疑惑が浮上するのではないか」(伊レプブリカ紙)とメディア側は厳しい視線を浴びせている。
 

最終更新:7月9日0時37分

元ヌードモデルが、すべて悪いとは限らないと思う。

日本にだって、元AV女優だったけど、政治家に鋭い質問を投げかけたり、エイズ撲滅運動をしていた飯島愛さんがいた訳だし。


その元モデルさんは、優秀だったから閣僚になれたわけで。

イタリアの首相も、いくら何でも、スケベ心だけで、その人を閣僚には選ばないだろうと思うし。


もし、本当にスケベ心があるならば、閣僚にするよりも、いつも側に置いておけそうな秘書にしそうな気もするが。


過去を反省して新しい人生を歩もうとしているのに、何故、応援してあげないのだろう?

人生長いのだから、リベンジのチャンスを与えたって良いじゃないか?


別に犯罪を犯したわけじゃないし、世の中にヌードモデルというものが存在するのも、元はと言えば、男性の性欲が半端無いからではないか。


彼女を批判する男たちが、そういう商売や社会、文化を作っている張本人であることに、本人たちは気づいているのだろうか?


彼女の仕事振りを詳しくは知らないが、彼女を批判する前に、自分たちを省みたらどうだ? と思う。

それとも、彼女が自分たちよりも優秀なものだから、やっかんでいるのだろうか?
PR
2009/06/30/Tue
食べられる寸前!飼いネコ300匹を保護 上海
2009年06月29日 20:00 発信地:上海/中国 国際ニュース : AFPBB News




【6月29日 AFP】中国の上海(Shanghai)で、人間の食用として売られそうになっていたネコ300匹を、動物愛護活動家らが保護した。29日の現地紙、上海日報(Shanghai Daily)が伝えた。


 動物愛護家たちは26日、ネコ好きの人物からの通報で救出に乗り出した。ネコたちは盗まれた飼い猫で、貨物置場で発見されたときには竹製の箱計22個に詰め込まれ、広東(Guangdong)省の飲食店向けに売り飛ばされるところだった。発見後、大半は飼い主に返されたが、3匹はすでに死んでいた。また数匹が足を骨折していた。


 ネコたちのいた貨物置場に侵入しておりを壊した愛護家の1人は、「ネコたちは虐待されている。ネコが入ったおりはトラックにきちんと積まれることもなく、投げ込まれている。到着するときに生きていても、最後は飲食店でスープにされてしまう」と訴えた。同紙によると、広東省のレストランはネコ1匹を50元(約700円)前後で購入しているという。 


 ネコ愛好家らに取り押さえられた取引業者は警察に拘束されたが、中国には動物愛護法が存在しないため、数時間後に釈放された。警察幹部は「中国にはネコを食べてはいけないという法律はない。ネコは保護対象の動物ではない」と語ったという。


 ネコの売買をこれまで10年間にわたり行っていたこの取引業者は、住宅地区でネコをわなで捕らえる「ハンター」と呼ばれる卸元からネコを仲買していたが、上海ではネコはイヌと異なり、飼育する際に許可証も要らないので所有権の証明ができず、警察はこの業者に盗品所有の容疑をかけることもできなかった。


 中国メディアによると、ネコを食べる習慣は、主に南部を中心に中国全体の多くの地域でみられ、なかにはネコを使ったメニューの専門レストランもあるという。(c)AFP

「中国にはネコを食べてはいけないという法律はない。ネコは保護対象の動物ではない」かも知れないけど、他人のペットを盗むのは良くないんじゃないか?


「中国ってネコ食べるのかぁ」としみじみ実感する。

子供の頃、有閑倶楽部という漫画を読んで、中国人が犬を食べる習慣があるのは知っていたが、昔の話かと思っていた。


ネコのスープかぁ。どんな味がするんだろう?

日本人には、そういう習慣が無いから、あまり美味しそうにも思えないが・・・
2009/06/16/Tue
正雲氏側近が正男氏の暗殺計画、中国が阻止…韓国TV報道
6月16日1時19分配信 読売新聞


 【ソウル=竹腰雅彦】韓国のKBSテレビは15日、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の有力後継候補に浮上した三男、正雲(ジョンウン)氏の側近が、総書記の長男、正男(ジョンナム)氏の暗殺を図り、これを察知した中国当局が阻止したと報じた。


 中国当局消息筋の話として、北京発で伝えた。


 同筋によると、側近らは北朝鮮在住の正男氏の関係者を排除後、マカオに滞在している正男氏の殺害を計画。


 先週初めにこれを察知した中国側は中止を警告する一方、治安要員らをマカオに派遣し、正男氏を避難させた。金総書記は計画に関与していないが、正男氏は中国への亡命を検討する可能性があるとしている。


 中国は、北朝鮮に核実験や今回の騒動への不満を表明し、進行中の資源開発協力を棚上げしたほか、挑発行為が続けば、食糧や石油支援も停止すると通告したという。 最終更新:6月16日1時19分


そういう報道が以前にもあったが、正男氏は否定していた。

それで、やっぱり、そういう事実はあったのか・・・という感じ。


何故?っていうのは、中国が暗殺を阻止した事。

「阻止するな」という意味ではなくて、阻止してくれたことは血を見ずに済んだので有り難いことだが、何故、そこまで、他国のために誠意を尽くすのかワカラナイ。


何か恩があって、恩返しでもしているような、忠誠を尽くしているようにも見える。


また、対等ではなく、中国の方が上の立場なら、溺愛している子供を庇っている様な感じもする。


何か、言い知れぬ、密接なものを感じる。


もしかしたら、中国が北朝鮮にお金儲けをさせてもらっているという、貿易関係以外の何かがあるのではないだろうか?


「アメリカに対抗するための切り札だから」という理由も、何となく、少々考えづらい気がするのだが・・・


それだけのために、ここまでしてあげちゃえるものなのだろうか?


そう考える、私の方がクールなのだろうか?
2009/06/16/Tue
インド航空機、「カレーの匂い」で火災警報、引き返し
6月15日10時18分配信 サーチナ


 15日付中国新聞社電によると、12日にインド・ムンバイを出発したインド航空機(エア・インディア機)が、離陸約30分後に貨物室の火災発生を知らせる警報が出たため、引き返した。貨物室を調べたが出火した形跡はなく、検査員は濃厚に漂っていたスパイスの香りに火災探知機が反応したとみている。


 同機はドイツ・フランクフルト行きのボーイング747型機。火災警報器が反応した際、操縦士は出火場所や煙を確認できなかったが、ムンバイへの引き返しを決めた。着陸後に空港で調べたところ、貨物室は強いスパイスの香りが充満しており、積んでいたミックススパイスの粉、いわゆるカレー粉から出たものと分かった。


 専門家によると、これまでも航空機の火災警報器が積み荷の匂いに反応したことがある。2004年には、ムンバイ発ロンドン行きの航空機が飛行中に火災警報機が貨物室内のマンゴーの匂いに反応し、ルーマニアのブカレスト空港に緊急着陸した。また、強烈な匂いで知られる果物のドリアンに、火災警報器が反応したこともある。(編集担当:如月隼人)

匂いで反応する火災警報器があるなんて知らなかった。


匂いの臭さを数値で表す機械があるから、作れなくもないだろうが、警報機は煙や熱に反応するものだとばかり思っていたので、そのようなものがあるとは想像も付かなかった。


そんな火災警報器が、もし、公衆トイレにあったりしたら・・・ たまたま、臭いのが出ちゃって、鳴っちゃった時の事を想像すると、笑っちゃうような。( ´艸`)ププ


当の本人だったら、顔から火が出るほど、恥ずかしくて仕方ないだろうなぁとも思う。


皆に、「警報機が鳴るなんて、どんなのしたんだ?」とか、「よほど臭いのしたのね」とか詮索されたり、質問されそうで、ちょっと怖い。

(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ
2009/06/15/Mon
ニカラグアで生後4日のアルマジロの赤ちゃん
6月15日13時47分配信 ロイター


 6月14日、ニカラグアの首都マナグアで育てられている生後4日目のアルマジロの赤ちゃん(2009年 ロイター/Oswaldo Rivas)


 [マナグア 14日 ロイター] ニカラグアの首都マナグアで14日、生後4日目のアルマジロの赤ちゃんが、動物園の飼育員から授乳される様子が見られた。

 4匹のアルマジロの赤ちゃんは、母親が当地郊外で密猟者らによって殺されたため放置されていたところを村人に発見され、飼育員のビル・ララさんに引き渡された。

 しかし、動物園が手狭なため、ララさんは、赤ちゃんたちが野生に戻るのに十分な大きさに成長するまで自宅で面倒を見ている。

 最初は写真だけしか見ていなかったので、何も考えず、

「可愛い。アルマジロの赤ちゃんってこんなに小さいんだぁ (*ё_ё*)きゅん・・」

 なんて思いましたが、記事を読んだら、母親と死別してしまったんですね。



可哀想に。村人に発見されなかったら、赤ちゃんまで死んでいたかも・・・

酷い人がいるもんですね。
2009/06/10/Wed
【中国のアンケ】服を脱がされ笑いものに、婚礼の悪習を苦に女性が自殺
6月9日8時46分配信 サーチナ


2009年5月30日付南京晨報が09年5月29日22:00頃、南京市で一人の女性が投水自殺を図ったと伝えた。幸い目撃した警察官によって救助され一命を取り留めたが、精神的なショックが大きいとのこと。


 2009年5月30日付南京晨報が09年5月29日22:00頃、江蘇省南京市で姉の結婚式に参加した女性が投水自殺を図ったと伝えた。幸い目撃した警察官によって救助され一命を取り留めたが、精神的なショックが大きいとのこと。


 自殺を図った理由は「婚礼の悪習」。中国では結婚初夜に、友人、親戚などが二人の幸せを願って初夜を迎える新婚カップルの部屋に入り込みいたずらをする「〓(門構えに市)洞房」という習慣がある。この女性によれば、「友人達は新郎に私の服を脱がせることを強要し、下着一枚にされ笑いものにされた。紅包(お祝い金)はどこだ?と言いながら4、5人の男性に体中を触られた。ベッドに投げ飛ばされ上に乗られた。屈辱的だった」と述べている。


 中国では、祝い事は盛大に、賑やかにしたほうが幸せになるとの考え方があり、この習慣もどんどんエスカレートしている。今回と同じような理由で自殺した女性は以前にも数人おり、問題視されてきた。


 これを受け、09年6月3日から中国大手サイトCCTV網で「現在の結婚式の悪習についてどう思うか?」とのタイトルでインターネットアンケートが実施されている。


 09年6月8日現地時間11:00現在、投票数は1024票。(以下5項複数選択可)


 「〓洞房の習慣自体、悪習であり取り締まるべきだ」が37.4%にあたる383票、「悪習、変態は人類の退化だ」との意見が28.2%の289票、「メディア、行政、各婦人会等が社会を先導するべきだ」が17.9%の184票、「悪習を打ち払い“革命化”婚礼を普及させるべきだ」が15%で154票、「その他」が1.4%で14票となっている。


 「女性の服を脱がせるのはすでに犯罪行為だ。公安局は調査を行うべき」と行き過ぎた習慣を危惧する声が多く、中には「これは伝統がどうという問題ではない。個人のモラルの問題だ」、「お祝いを口実にした明らかな性的嫌がらせだ」、「そんなことをされるなら結婚などしたくない」という意見も多かった。(編集担当:吉川智香)


私も、こんな結婚式なら出たくないし、一生結婚できなくてもいい。


最悪だ。怖い。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ と同時に、結婚した相手も私も日本人で良かった(´▽`) ホッとも思う。(注: 滅多にそんなこと思わないが)
2009/05/24/Sun
bushさんの「東アジアニュース」:イザ! 

盧武鉉政権の失敗の原因は「時代錯誤・無能・国民無視」 2007/02/25 12:16 の記事より抜粋


【発言14】「夕食は軽めに作る考えです」

この発言は、一昨年、韓国の青瓦台(大統領府)で行なわれた日韓首脳会談後の共同記者会見で飛び出したものだ。
小泉首相(当時)が、韓国の歌人の歌を引き、「私もこの歌を胸に秘めて日韓の友好に尽くしていきたい」と強調したのに対し、傍らのノムたんは報道陣に向かって「(首相を招く)夕食は軽めに作る考えです」と言い放ったのである。


韓国では、賓客を迎えた時、食べきれないほどのご馳走でもてなすのが礼儀とされる。その国で「夕食は軽めに作る」と言うのだから、もう小泉首相や日韓の記者団の前で「小泉!オマエを歓待する気は毛頭ない!!!」と言っているのも同然なのだ。


以上の下りは、『韓国が世界に誇るノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』を参照したものだが、もう大統領失格というより、一人の人間としての常識を疑う。


確かにノムたんは「時代錯誤・無能・国民無視」の大統領なのだろうが、能力うんぬんの前に、人間としての適格性に大きな疑問符が付く人物なのである。


参考資料:『韓国が世界に誇るノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』(飛鳥新社)


全然知らなかった。そんな悪い噂があったとは。

他にもいろいろあった。


ますます、ちょっとショック。
2009/05/23/Sat
北、短距離ミサイル発射準備か=聯合
5月22日20時39分配信 時事通信

 【ソウル22日時事】聯合ニュースは22日、北朝鮮北東部の咸鏡北道金策市周辺で、短距離ミサイル発射準備の兆候が捕捉されたと報じた。韓国政府筋によると、2、3日前から移動式発射台が装着された車両の慌ただしい動きがみられるという。

 同筋は「北朝鮮が対外的に関心を引くためにまず短距離ミサイルを発射し、状況を見た後、中長距離ミサイルを発射する可能性がある」と分析している。 


「対外の関心を引きたい」だなんて、実は寂しがり屋なんじゃないか?って、思ったりもする。

北では、インフルエンザは流行っていないのかな?(?(。_。).。o0O??
2009/05/22/Fri
<北朝鮮拉致>田原総一朗氏が安否発言でおわび文
5月22日19時26分配信 毎日新聞


 北朝鮮による拉致被害者の安否についてジャーナリストの田原総一朗氏がテレビ朝日の討論番組で「外務省も生きていないことは分かっている」などと発言したことを巡り、拉致被害者家族会と支援団体「救う会」は22日、田原氏からおわびの文書が届いたと発表した。


 文書は「乱暴な言い方でご家族や関係者のお心を傷つけたことをおわび申し上げます」と記されている。これに対し、家族会などは「『乱暴』などという表現ではすまされない人命軽視の暴言で、重大な人権侵害」とする共同声明を出した。


 家族会側は番組放送後、田原氏側に抗議文を送っていた。


だから、最近、「朝まで生テレビ」(?)の放送がないのかぁと思った。


もし、本当に田原氏の発言が本当だとしたら、家族会の怒りの矛先は、田原氏ではなく、外務省へ向けるべきじゃないかと思う。


外務省は、「もう死んでいる」と思っているから、あまり拉致問題に対して積極的になれないってことなんじゃないか?とも思うのだが・・・


だから、なかなか黒白ハッキリさせられない? とか・・・


私は、全体の発言の流れを知らないので、何とも言えないのだが。
2009/03/18/Wed
北首相が訪中、「衛星」に理解求める?
3月17日19時7分配信 産経新聞


 【北京=野口東秀】北朝鮮の金英逸首相は17日、北京に到着、中国を公式訪問した。


 21日までの滞在中、胡錦濤国家主席や温家宝首相らと会談し、北朝鮮が予定している「人工衛星」の打ち上げについて中国側の理解を求めるとみられる。


 金首相は17日、山東省を訪問し、大規模農場などを視察した後、18日に再び北京に戻る。


北朝鮮は、4月4~8日の間の「人工衛星」発射計画を国際機関に事前通告したとされる。日米韓がこれを長距離弾道ミサイルの発射として懸念を示し、対北制裁の必性を主張する一方、中国は慎重な姿勢だ。一連の会談では、金正日総書記の年内訪中について協議する可能性もある。


 金首相の訪中は2007年4月の就任後初めてで、北朝鮮の首相が中国を訪れるのは06年1月の金総書記の訪中に朴奉珠首相が同行して以来。今回の訪中は、中朝国交樹立60周年を記念した首脳の相互訪問の一環。

「日本に落ちてきたらどうしよう?」とか、「ミサイルだ」と、皆が騒いでいるが、もし、本当に人工衛星だったら、どうするのかなぁと思ったりもする。




アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
SunStorm
HP:
性別:
非公開
職業:
主婦・主夫
自己紹介:
ただいまコメント、トラックバックの受付をしておりません。
ご不便おかけします。<(_ _)>
ブログ内検索
そらジロー
最新トラックバック
バーコード
P R
アクセス解析
ページの左端上部に設置してあります。
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]